• ホーム
  • 新規ドメインでサイトを作る方法はSEOに不向き?

新規ドメインでサイトを作る方法はSEOに不向き?

パソコンを見ている男性

ウェブサイトの運営を初めて開始するときには、新規ドメインを取得するのが一般的と考えられています。ところがSEO対策を考慮にいれると、むしろ中古ドメインのほうがメリットが大きい部分もあるので、あえて中古ドメインを購入する方も少なくありません。新規ドメインでウェブサイトを立ち上げるのは不向きなのかメリット・デメリットの両面を検討してみましょう。

まず新規ドメインでは、他のドメインを侵害しないかぎり任意の文字列を選択することができるので、長期的には自サイトのブランディングに活用することができます。世界中に同じドメインは存在しないので、事業がうまくいけば世界を相手にブランドを認知させることも期待できるというメリットをもっています。

それではデメリットの方はどうでしょうか。中古ドメインでは過去の運用期間の実績により検索エンジンからインデックスされていたりバックリンクを獲得しているなどのサイトに対する積極評価につながる資産(ドメインパワー)を有しています。過去の運用期間が長期間にわたる場合は、サイト運営の期間(ドメインエイジ)も相当なものになりドメインパワーもかなり大きなものになることも想定されます。ドメインエイジとドメインパワーの両面を兼ね備えた中古ドメインは、新規にウェブサイトを立ち上げても過去のインデックスの経験があるので、検索エンジンのクローラーからもコンテンツの更新を速やかに感知し巡回してもらえるチャンスも大きくなっています。つまりSEO対策上も早い段階で検索順位上位表示など即効性のあるSEO効果を期待することができるわけです。

これに引き換え新規ドメインでは、サイト運営を開始してコンテンツの更新などに積極的に取り組んでも、なかなか検索エンジンにインデックスしてもらうのが難しいという問題を抱えています。Googleでは検索アルゴリズムのエイジングフィルターというのもの存在が推測されているほどです。すなわちアフィリエイトなどの目的で新規ドメインを取得しても、数ヶ月程度はコンテンツの内容に関係なくインデックスされない仕様になっているので、即効性のあるSEO対策を実践するのは困難と考えられているのです。もっとも数ヶ月程度経過すると、通常のウェブサイト同様にインデックスされて検索順位に反映されるようになるとされてはいますが、アフィリエイトで即効性のある対策をとるのは困難です。このあたりに新規ドメインはウェブサイトを作るには不向きと考えられているようです。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索