• ホーム
  • URLの正規化はSEOにおいて必須事項

URLの正規化はSEOにおいて必須事項

レンタルサーバーを引越ししたのでドメインを新たに取得してウェブサイトを立ち上げたり、SEO対策のサイト改善の一環として中古ドメインを取得して新たにウェブサイトを立ち上げた場合、従前のドメインで形成してきたバックリンクや検索エンジンからの評価、検索トラフィック数などのドメインパワーを引き継ぐことが重要な問題になってきます。このときに必須になるのが301リダイレクトになります。

301リダイレクトとは特定のページから別のページへ転送させることです。仮に新たなウェブサイトを立ち上げたのちに、旧URLにアクセスした場合も、現在のURLに遷移させることが出来るので、検索ユーザーにとってもメリットが大きいといえます。ここで重要なのは、大規模サイトでサブドメインを運営している場合です。サブドメインについては301リダイレクトを忘れがちということです。複数のドメインを元にサテライトサイトなども運営しているときには得てして忘れがちで、せっかくのドメインパワーなどがすべて引き継ぐことが出来るように留意するべきでしょう。ちなみに301リダイレクトの確認方法があります。その確認方法とは、ARASHIという301リダイレクトチェックツールを利用することです。

ところでサイトを立ち上げたときに、wwwの有無にかかわりなくサイトページが表示されることがあります。また人間の目には同一のページに見える場合でも、URLの末尾にindex.htmlの有無によって検索エンジンにとっては別サイトと認識されることになります。またセキュリティを高めるために、通信内容の暗号化であるSSLを導入するとURLはhttpsと表示されることになる訳です。このように実質的に同一のページであるにもかかわらず、wwwやindex.html・httpsの有無によって複数のURLが存在する場合があります。検索エンジンからしてみれば、それぞれが別のサイトとして認識されてしまい評価が分散することになります。これが大規模サイトであってみれば、その弊害は甚大で場合によってはミラーサイトを大量に作成したと判断されてペナルティの対象になることも想定されます。こんなときに必要な対応がURL正規化です。

URL正規化とは複数のアクセス可能なURLを統一化して検索エンジンの評価を統一することを言います。具体的な対応としてはcanonicalタグを使用する方法があります。すなわちcanonicalタグを記述したHTMLファイルをサーバーにアップロードすることで行うわけです。

関連記事